テレビCMを意識すると見えてくる広告の3つ特性

あなたのお店を知ってもらう、認知されるために広告宣伝をするのですが、テレビCMを意識すると「このCMしょっちゅう流れているな〜」って思う事ありませんか?

 

最近だと拡大鏡のCM「ハズキ○ーペ」のCMがよく流れていませんか?

実際のハズキ○ーペを販売している会社の広告費は100億円ほど予算をかけているそうです。(全てがテレビCM費ではないと思いますが)

 

あなたが感じる「よくこのCM観るよな〜」はみんなも同じに感じています。

これだけお金をかけていれば、興味がない人(見込客以外)でも記憶に残りますし、興味がなかった人でも興味を持ち、商品を買う人も出て来ます。

 

テレビCMは莫大な予算がかかりますが、CMの本数が多いからこそ商品を知ってもらえますし、見込客はその商品が欲しくなり「買う」という行動にかられます。

 

マーケティングをよく理解されていますよね。

 

広告の規模は違えど、美容室のチラシ広告も同じです。

あなたの地域の潜在見込客に対して宣伝活動をしているか?さらにその宣伝活動を継続しているか?ここに認知度と、実際の新規集客数に「大きな差」が生まれます。

 

 

1つ目の大事なことは

■あなたの美容室を知らない見込客に認知されること

 

先ほどのテレビCMでも触れてますが、少ない広告宣伝回数では、あなた美容室を知ってもらうまでには至らないことがほとんどです。

 

タイミングよく1回のチラシで集客できたとしても2回目のチラシでは効果がなく集客できないこともあります。

広告は販売促進活動と地域の人に認知してもらう活動です。

年間を通して広告の回数を決め、定期的に広告を出すことが認知されるポイントです。

 

 

2つ目は

■広告は投資(未来投資)

 

ハズキ○ーペの会社は広告投資の確実性を知っています。

100億円を投資してもレバレッジが効き、さらなる購買客の増加も見込めます。

 

「広告は投資」という考えがなければ、ただ闇雲の宣伝活動では回収(集客)はできません。

広告の基本的な作り方や、3M(マーケット・メディア・メッセージ)をしっかりと理解をしたうえでの広告宣伝活動が投資としてレバレッジが効き新規集客を力強いものにしてくれます。

 

 

3つ目は

■認知される事で集客数が安定する

 

認知度が広がることは信頼度も必然的に上がっています。

行ったことはないけど「あそこの美容室はヘアカラーが得意な美容室でしょ」

あそこの美容室って「髪をキレイにする美容室だよね!」

など、地域の人はあなたの美容室を認知していると、向こうから自然と信頼してくれます。

 

その人達はタイミングが合えばあなたの美容室に行ってみたいと感じているでしょう。

その予備軍がどんどん溜まってくるので毎月の新規数は安定的な数になるのです。

 

 

最後にまとめると、テレビCMでもチラシ広告でも広告の考え方や基本的なことは同じなんです。

むしろ地域の人達が固定客となる美容室経営は、チラシ広告はとてつもない武器ですし、未来の安定的な経営をするためには欠かせない集客術です。

 

あなたの美容室も本当に来てほしいお客さんに向けたチラシ広告を出してみては?

 

広告に関するご質問・ご相談はこちらから↓↓↓

友だち追加

常連客を大切にしてますか!?以前のブログのリライト

2017年7月4日のブログでこのタイトルのブログを書きました。

当時の記事はこちら  https://salon-publicity.com/2017/07/

 

アクセス数の多いブログ記事なんですが、私自身もこのことについて美容室経営者さんとお話しをする機会が多く、ほとんどの美容室経営者さんがおろそかにしていることを感じています。

 

あらためて常連客についての対応や待遇、特典・サービスについて考えてもらいたいと思います。

 

あなたの美容室の常連さんを大切にしていますか?の問いに「大切にしていません」と答える美容室経営者さんはいないと思います。

 

しかし、、、具体的な対応は?どのような特典・サービスを常連さんにしていますか?の問いにすぐに答えられる美容室経営者さんも少ないです。

 

 

□常連客とは?(上位顧客)

 

あなたの美容室に通われて10年以上?

1年間の来店回数?

年間消費金額?

 

常連客(上位顧客)を定義付けするモノサシは消費金額です。

ビジネスをしている以上利益を生まなければいけません。

ちょっとドライな感じですが、やはりあなたの美容室にどれほどのお金を使っていただいているのか?がモノサシになります。

 

 

□常連客(上位顧客)に、あなたが考えられる対応や、特典・サービスを作ってみる

 

そこで常連客(上位顧客)にどのような対応、特典・サービスをするのかを考えてほしいのです。

 

「こんなことをしてもらったら嬉しい」「突然、粋なことをされたら忘れられなくなる」など常連客(上位顧客)の気持ちになって考えましょう。

 

それらを出来る、出来ないではなく、考えられることをすべてを紙に書き出します。

あなたが思いつくことに限りがあるなら他の業種を参考にしてもいいでしょう。

 

その中から「これなら!」という特典・サービスなどを具体的にあなたの美容室に使えるように落とし込みます。

常連客に特別な対応・サービスすることで常連客に気持ちよくお金を使っていただくのです。

 

 

□顧客維持は後回しにしない

 

上位顧客向けの特典やサービスを作り、それが顧客維持をしていくための仕組みになります。

2~3カ月に一度は顧客管理するための時間をつくり、常連客向けのサービスを提供し、既存客には既存客向けのサービスを提供いていくことです。

 

いつも来ていただくお客さんは常連客ですので、そのお客さんが離れないような仕組みを作りましょう。

 

決して「来月も普段通り来てくれる」と思わないでください。

そのお客さんは常に他の美容室の誘惑にさらされているのですから。

 

 

□あなたの想いは常連さんに伝わっていない!?

 

いつもどおりあなたの美容室にお客さんが来店していても、そのお客さんと相思相愛ではないのが現実です。

 

私たち美容師は、いつも定期的にあなたを指名するお客さんがとても好きですよね?

 

しかしお客さんはそうは思っていません。

「カットしてくれる美容師さん」程度の認識のお客さんがほとんどです。

なぜその程度なのか?という事を理解すれば、失客する理由がよく分かります。

 

本当にあなたにカットされて満足するお客さんなら、絶対に失客するわけがありません。

人は人に大切にされているという実感を持たなければ、ただの知人程度の関係性にすぎず、特別な存在にはなりません。

 

特別な存在になるには、そのお客さんに対して「特別なコト」をしなければ気持ちは通じませんよね?お客さんから一方的に好まれることは少ないですから。

 

その「特別なコト」は特別な待遇であったり、特典や特別なサービスをしていくことなんです。

 

 

簡潔にまとめると、通常のお客さんより上位顧客を「贔屓する」ということです。

そこにはお店側のスタッフ・経営者みんなが「あなたが大切です」という愛情をしっかりお客さん伝える仕組みを作っておくことです。

 

ライン@からご質問を受け付けてます。

お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

スタッフ3人以下の美容室だからこそ見てほしいブログ

ホントの小規模サロン(スタッフ3人以下)の経営者さんだけに伝えたい事があります。

規模が小さいからこその苦労、悩みがありますよね?

 

スタッフ1人が辞めるだけでも痛手を負うし、自分が病気になれば売上がガツンと下がり、常連さんが失客してしまうこともあるでしょう。

 

ちょっとしたことがきっかけで、店の経営がヤバいことになる可能性もあるでしょう。

1人で美容室経営なら、長期の入院なんてことになったら廃業せざるを得ない状態になります。

1人や2人程度の美容室は、些細なことで経営が行き詰まりやすいリスクがあります。

 

そんなリスクがある美容室経営者に必要なスキルは「お客さんを自分自身で集めることができるか?」です。

 

スタッフに「お客さんを呼んで来い!」なんて話は過去のこと。

お客さんを集めることは経営者の仕事なんです!

 

じっとしていてもお客さん来ません。

小さい美容室のブログなんて集客力はわずか、検索上位なんてのも難しい。

ホッ〇ペッパー内のブログや、ア〇ブロなんて書いても資産価値が無いですし、頑張って投稿したインスタで集客できても、先日のライン@で起きた事件のようにアカウントが勝手に運営側に消されるようなこともあり得るでしょう。

 

インスタ、ライン、ツイッターなどは運営側の鶴の一声で使えなくなることもありますよ。

 

自力集客できるようになってほしいのです。

自分の力で広告を作れるようになってほしいのです。

 

口コミ集客は一番いいとされていますが、お客さんに友人や知人を紹介してもらうことは嬉しいことですが、とてもリスクが高いのです。

紹介をしてくれたお客さんが失客したら、紹介された側も失客しやすいです。

 

娘さんの紹介で家族4人が来てくれていても、その中の誰かが来なくなると家族みんなが来なくなることもあります。

 

ゼロから集客できるスキルはたとえあなたが長期入院しても復帰したらすぐに広告を出せばお客さんをすぐに集められます。

スタッフが辞めてしまってお客さんが少なくなってもすぐに広告を出して集客できるのです。

 

自力集客できる人、できる店になってほしいのです!

 

私事なんですが、ここ3~4カ月でいろいろなことが起きました。

家族の死、家族の病気、事業トラブルetc、、、

あまりにも厳しく大変な状態でしたが少しづつ落ち着きをとりもどしています。

 

そこで日程はまだ決めていませんが、広告制作に必要な知識、コツ、セールスライティングを織り交ぜたセミナーをやろうと考えています。

これを読んでくださった方で、地域的な要望(大阪がいいとか、東京でやってくれとか)があればライン@からご連絡下さい。

友だち追加

美容室の経営改善をするための必要な4つの順序とは?

広告を使いあなたの美容室の存在を知ってもらう➡知ってもらったら常に情報発信し気にかけてもらう➡来店するきっかけを広告で作る➡来店➡次に来店してもらう理由付け➡リピーター

 

この流れはどんな事業でも同じです。

 

経営セミナー、集客の勉強会に行き、教えてもらうことはほとんど同じで、結局は行動するかしないかだけです。

過去に私も美容以外のセミナーに行きましたがほとんど同じです。

 

集客のやりかた・顧客維持・リピート対策・単価アップなどの各ポイントを強化すれば、売り上げ増につながり、利益が出る美容室になるわけです。

 

しかしほとんどの美容室は「新規集客」をしたいようですね。

 

ただ、新規集客をする前にやるべきことは、客単価を上げることが1番最初にすることです。

客単価が上がりそこで出た利益を新規集客に使うことが賢い経営です。

 

優先順位は以下の通りです。

 

 

■1客単価を上げる

 

利益を出すためにすることです。

強引な値上げではなく、通常価格以外の価値を付けたメニューを作り、お客さんにメニューを選んでもらう形にすることです。

※詳しく知りたい方はライン@から私に聞いて下さい。

 

 

■2顧客維持対策

 

新規客を取りたい気持ちは分かります。

しかしもっと大事なお客さんをないがしろにしてませんか?いつも定期的に来店されるお客さんに「顧客維持対策」をして下さい。

 

「顧客維持対策」なんて言い方は大げさかもしれませんが、要するに常連さんを「えこひいき」するような事、「一般客との差別」をするのです。

例)通常価格10000円 ➡ 会員価格 8000円

 

思いつくサービスを考えてみて下さい。

 

 

■3リピート対策

 

マメに美容室側からの連絡、伝えたい事などをメルマガ、ライン@、DM、ハガキを使い接点を常に持つこと。

毎週、毎月、3カ月ごと、半年ごとに情報発信をしましょう。

 

お客さんの頭の中にあなたの美容室の存在を常に意識させるようにしましょう。

あなたの美容室がお客さんの頭の中から忘れ去られると失客になります。

何度も言いますが常にですよ!常にあなたの美容室の存在を意識させてくださいね。

 

 

■4新規集客

 

新規客を集める活動は地道でコストもかかります。

しかし、あなた自身でお客さんを集めることができたらどうでしょう?

新規集客に困らなくなったら?集めたいときだけにに広告を打てばお客さんが来るとしたら!?

 

成果が出る広告が作れるようになると可能です。

※広告作成について聞きたい事・質問もライン@で私に聞いて下さい。

 

これからの美容室は、広告を出し続けられる店舗は集客もより強くなり、広告宣伝活動ができない美容室は、集客は以前よりどんどんできなくなるでしょう。

 

美容室に限ったことではありません。

 

他の業種も同じで、宣伝活動ができない(経費を使えない)会社はどんどん集客力が弱くなります。

ここでいう広告宣伝活動は、チラシ広告のような紙媒体と、ウェブサイトによる広告宣伝活動も同じです。

 

美容室経営は特殊だからと思うでしょうが、そこまで特殊ではありません。

対面販売の商売ですので、リピートが取りやすいビジネスです。

 

結果、顧客維持・リピート対策さえしっかりしておけば長く収益が見込めます。

そこに新規集客が必要になれば理想の事業展開になっているはずですね。

(スタイリストが抱えるお客さんが飽和状態で、新スタイリストを雇う展開ですね)

 

単価アップ・顧客維持・リピート対策・集客のご相談はライン@から相談無料です。

チラシ広告の無料添削もお気軽にどうぞ^^

友だち追加

リピート率が悪い原因は、新規集客に問題がある

美容室に新規客が来て、次回来店されるためにいろいろな方法、仕組みを用意していることでしょう。

しかし、新規客そのものが「あなたの美容室に合っていない」お客さんであれば、リピーターになることは難しいです。

 

■「あなたの美容室に合わない」新規客とは?

あなたの美容室が求める「理想のお客さん」とは真逆のお客さんです。

一人一人丁寧な接客、おもてなしを重視し、最初から最後まで一人の担当者が責任をもって対応する、料金も高めな美容室がチラシを出し、キャンペーン価格で低料金のサービスを提供すれば、、、

そこまでを求めない、安ければいいというようなお客さんが来店し、2回目のリピートとなるとちょっと難しいと思います。

 

■新規客を集めるには、理想のお客さんに向けた広告内容にすること

あなたの美容室に来ていただきたい理想のお客さん像を想像し、その人に向けた内容の広告にすることです。

髪をキレイにする美容室であれば「トリートメントが得意です、必ずツヤツヤの美しい髪にします」とか、

カラーが得意な美容室であれば「あなたの望む色、どんな髪色もできます」など、

より明確にすることで来てほしいお客さんに広告がインパクトを与えます。

 

理想のお客さんにしっかりと伝わる広告であれば、その広告を見て来店する新規客と、お店が望む理想のお客さんとがマッチングするので、自然とリピート率が上がります。

新規集客をするときから、来てほしいお客さんに向けた広告にするのです。

 

集客がしたいが自分で広告を作っても効果が無い、成果の出る広告が作りたい方ご相談ください。もちろん相談無料です!

友だち追加